新NISA制度ってなに??現行NISAとの違いも含めて徹底解説!これを読めばNISAがわかる!

投資

どうも、タケルです。

みなさんは「NISA」という制度は聞いたことがありますか?

NISAとは株式等の売却益や配当収入に税金がかからない非課税制度のことです。このNISAですが2024年から新NISAとして生まれ変わるのです。

今回はこの新NISA制度について紹介し、旧NISA制度との違いについても併せて解説していきます。

新NISA(少額投資非課税制度)の特徴

それでは早速、新NISA制度について解説していきます。

今回の新NISA制度の最大の特徴は「抜本的拡充」と「恒久化」になったという点だ。

ではそれぞれについて解説していく。

抜本的拡充

現行のNISAは「一般NISA」が年間投資枠120万、「つみたてNISA」が40万円となっている。

さらに選択制となっており、一般NISAとつみたてNISAの併用はできない。

しかし、今回の新NISA制度ではこの年間投資枠が大きく引き上げられた。

まず今回も2つの構成になっており、

  • 積み立て投資枠が年間120万円
  • 成長投資枠は年間240万円

となっています。

それでは最大いくらまで非課税になるのでしょうか。

現行のNISAでは「一般NISA」は非課税保有限度額がMAX600万まで非課税にできます。「つみたてNISA」はMAX800万円と決まっています。

しかも、先述したように選択制となっているため、MAXはつみたてNISAを選択した場合の800万が最大となります。

しかし、今回の新NISA制度では年間投資枠の拡充にともない、非課税保有限度額も大きく拡充されました。

「つみたて投資枠」と「成長投資枠」を併せて1800万円になります。

注意点として成長投資枠の上限は1200万円と決まています。つまり成長投資枠をMAXまで使うと1200万円で残り600万円は積み立て投資枠を使わないといけません。

以上が新NISAの抜本的拡充についてでした。

恒久化

次に「恒久化」について解説していきます。

現行のNISA制度は非課税保有期間が決まっています。「つみたてNISA」なら20年、「一般NISA」なら5年です。

つみたてNISAの場合は20年が経つと、ロールオーバー(難しいのでここでは気にしない)できないので一旦、利益を確定して「特定口座」または「一般口座」へ払い出されます。

しかし新NISA制度ではこの非課税保有期間が無期限になりました。

これにより期間にとらわれない、安定した投資が可能になりました。
以上が「恒久化」についての解説です。

新NISA制度の概要

では次に新NISA制度の概要について簡単にまとめていきます。

「つみたて投資枠」と「成長投資枠」、それぞれについて解説します。ただ前述したようにこの2つは併用できます。

つみたて投資枠

  • 年間投資枠:120万円
  • 非課税保有期間:無期限
  • 非課税保有限度額:成長投資枠と併せて1800万円
  • 口座開設期間:恒久化
  • 投資対象商品:現行のつみたてNISAと同じ
  • 対象年齢:18歳以上

成長投資枠

  • 年間投資枠:240万円
  • 非課税保有期間:無期限
  • 非課税保有限度額:1200万円
  • 口座開設期間:恒久化
  • 投資対象商品:上場株式・投資信託等
  • 対象年齢18歳以上

新NISA制度のよくある質問

次に新NISA制度に関するよくある質問について紹介します。

Q1:すでにNISA口座を持っている人はどうなる?

現行のNISA制度を利用している人は自動で新しいNISA制度に切り替わるのですでにNISA口座を持っている人でも利用可能です。現行のNISAで保有している商品も売却する必要はありません。

Q2:「つみたて投資枠」と「成長投資枠」を別々の金融機関で登録したい。

つみたて投資枠と成長投資枠を別々の金融機関で利用することはできません。しかし年単位で金融機関の変更は可能です。

Q3:非課税保有限度額をつかいきったらどうなる?

非課税保有限度額は1800万円なのでそれ以上を超えての利用はできません。ただし、この1800万円は買い付け残高で管理されるので、あくまで購入価格が1800万円の上限です。保有額が1800万円ではありません。またNISA口座内の商品を売れば、その分の非課税枠を再度利用できます。

新NISA制度は結局どうなの?

ここまで新NISA制度について見ていきましたが、結局のところ良いのでしょうか。

結論から言いますと超神制度になりました。

特に非課税枠が1800万円になったのが大きいです。1800万円もあれば一般の人にとっては十分です。なんなら使いきれない人もいると思います。

老後2000万円問題に対し、政府が本気になっているのがうかがえます。

もし投資をしてみたいと思っている人は絶対NISAでやったほうがお得です。

まとめ

以上、今回は新NISA制度の記事を書いて見ました。

初記事と言うことで見づらいところもあると思いますがご了承ください。今後もこんな感じの記事を書いていこうと思います。

早速、次回の記事の予告もしていこうと思います。

2回目記事は

生命保険って必要?

というタイトルで書いていこうと思います。

次回の記事の更新は未定ですが、なるべく早めに更新します。

それでは次回の記事で。

Twitter:https://twitter.com/ft145666

Instagram:https://www.instagram.com/okane_zatu_gaku/

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました