いまさら聞けない「7つの習慣」とは!これを読めばあなたも成功の法則がわかる!

生活

どうもタケルです。

みなさんは「7つの習慣」という本を聞いたことがありますか。

この本には成功するための原則が記されており、全世界で3000万部を誇る大ベストセラービジネス書です。

今回はこの7つの習慣を使い、成功するために必要なものについて解説していきます!

『7つの習慣』とは

「7つの習慣」は経営コンサルタントでもあるスティーブ・R・コヴィーによって1996年に出版された本です。全世界で約3000万部を売り上げており、日本でも200万部を売り上げるベストセラー商品となっております。

7つの習慣では植物の根や幹、人間でいえば「人格」を高めるための習慣が書かれている。コヴィーは人間の成功には表面的なテクニックよりも人間として真に価値のある人格を手に入れることが必要だと考えています。

人格を高める行動を練習して習慣化することで、人生を変えて本当の意味での成功と幸せをつかむための方法が記されています。

『7つの習慣』

7つの習慣を説明する前に前提の考えとなる、「インサイドアウト」について説明します。

みなさんはなにか失敗したときに環境のせいにしていませんか。私も仕事をミスしてしまった時に、ついつい言い訳で他人のせいにしそうになります。

7つの習慣ではこれを固く禁じています。なぜなら周りに原因を求めても一切、自分の成長にはならないからです。

自分の内面(インサイド)つまり考え方、見方、人格を原則に合っているか照らし合わせて、行動を変えることで良い結果を引き出すことで自分をより成長させることが大切になります。

この考えを「インサイドアウト」と言い、7つの習慣での大前提になります。

インサイドアウトを踏まえつつ、早速7つの習慣について見ていきましょう。

第一の習慣:主体的であれ!

「主体的」とは自分の人生の責任は自分がとるということです。

主体的でない人は自分のミスを他人のせいにする傾向があります。結局、最後に決めるのは自分です。

ミスをした時に他人や環境を変えることは出来ません。しかし自分自身は変えることができます。次も同じミスをしないようにするためには自分が変わらないといけません。

自分が変わればおのずと周りもそれに気が付き、影響され変わっていきます。もし望む結果が欲しいなら主体性を持ち、自ら変化していきましょう。

第2の習慣:終わりを意識しろ!

コヴィーにとると「すべてのものは2度つくられる」そうです。一度目は頭の中で、2度目はそれを物理的に作っていきます。

つまりゴールをあらかじめ意識できていない人が、なにをやっても自分の理想には近づけないということです。逆にゴールが明確なら自分が今やるべきことが見えてきます。

そうは言っても忙しくなると、目の前のことで精一杯になり、遠い未来のことにまで考えるのは難しいです。

そうならないためにもコヴィーは「原則」を持つことを推奨しています。

原則とは「他人や物事に影響されてブレることがない、基本的な価値観のこと」です。原則を持つことで先のことが考えられないくらい辛い時も道を踏み外すことなく歩き続けられます。

第3の習慣:最優先事項を優先しろ!

コヴィーは人間活動を4つの領域に別けました。

  • 第一の領域:緊急で重要なこと
  • 第二の領域:緊急ではないが重要なこと
  • 第三の領域:緊急だが重要ではないこと
  • 第四の領域:緊急でも重要でもないこと

この中でもコヴィーは第二の領域の時間をいかに増やすかが大切と言っています。

第一と第三を減らすことは難しいですが、第四の領域を減らすことは出来そうです。つまり人生を充実させるためには第四の領域を減らして、自分の成長に役立つ第二の領域を増やす必要があります。

第四の領域がもう減らさない人は、第三の領域も減らしていきましょう。第二の習慣でも書いたように自分の原則さえ持っていれば、自ずと自分がやるべきことが見えてきます。原則と合わないことは断ることも大切です。

第4の習慣:Win-Winを考えろ!

Win-Winとは「自分も勝ち、相手も勝つ」ということです。

人間関係においてもこの考え方は大切です。その場の空気を読んで、自分が我慢するということはありませんか?それでは自分がLoseになってしまいWin-Winではありません。

その場では我慢できるかもしれませんが、いつかその不満が積もって、爆発してしまうかもしれません。自分もWinを目指さなければ、絶対に幸せにはなれません。

Win-Winの関係を作るには、自分のWinを相手に伝える「勇気」と相手に「Win」を与える「思いやり」です。

そしてどうしてもWin-Winな関係を築けないときは、無理に関わらないことも大切です。次の機会にWin-Winな関係になれそうなら関わっていくというゆるい気持ちで大丈夫です。

第5の習慣:まずは理解に徹しろ!

「どうして私を理解してくれないの!」と思う時はありませんか。しかし相手を理解しようとしないのに、自分だけ理解してもらおうとするのは虫のいい話です。

自分の理解してもらおうと思うなら、まずは相手を理解することに重きを置いてください。そうすれば自ずと相手もあなたを理解しようとしてくれます。

そのためには「聞く力」が大切になります。

しかし聞くときも自分の経験で解釈したり、評価してはいけません。「私もそうだったから、君もこうしなよ」と自分語りになってしまいます。

そうならないためにも「相手の目線で世界を見る」ことが大切になります。そのための4ステップがこちらです。

  1. 話の中身を繰り返す
  2. 話の中身を自分の言葉で置き換える
  3. 相手の感情を反映する
  4. 自分の言葉に置き換えつつ、感情を反映する

一見難しそうですが、慣れてしまうと簡単です。

この4つを意識して聞き上手になれば、相手もあなたを理解しようとしてくれます。

第6の習慣:シナジーを創り出せ!

シナジーとは個別のものを合わせて個々の和より大きな成果を生み出すことです。

そしてシナジーの本質は「違いを尊重する」ことです。

違いあるときに最もしてはいけないのは「妥協」です。AさんとBさんで意見が違う時に、「まあ、いいか」と妥協してしまうと、そこから生み出す成果は小さくなってしまうことがほとんどです。

しかし妥協せず、「第3の案」を創り出すことができれば、個別の意見では決して生み出すことができなかった大きな成果を発揮することができます。

第3の案を生み出すためには時間も忍耐力も必要になります。しかし妥協してしまえば望む結果は手に入らなくなります。

成功するためには多少の我慢も必要です。

第7の習慣:刃を研げ!

刃とは肉体、精神、知性、社会・情緒の4つの側面のことを指します。

肉体とは運動などをすることで健康的な体を手にすることです。

精神とは読書や音楽鑑賞を通して自らの価値観を見つめることで、自分の心と向き合うことです。

知性とは常に新しいことにチャレンジしたり、考えや経験を日記に書くことで、知識を入れそれを自分に定着させることです。

社会・情緒とは仕事やボランティアを通して、自分の価値観を忠実に振舞うことを指します。

まとめ

今回は「7つの習慣」についてまとめていきました。

この習慣はどれかひとつでも欠けてしまってはうまく機能しません。最初は意識的にやっていき、慣れてきたら無意識でも出来るようにしょう。

そしてあくまでこれは人格を高めるための習慣です。能力を高めることを忘れてはいけません。自分の能力を120%発揮するために人格があることを忘れないでください。

最期に今回紹介したことは7つの習慣でもほんの一部です。ここでは書いていないことが実際の本では書かれています。

もしこの記事だけでは理解できなっかたら、是非本を読んでみてください。漫画版などもあり、とても読みやすいものもありますので、気が向いたら是非。

コメント

タイトルとURLをコピーしました