グレン・スターンズとは何者?【覆面ビリオネア】50代でアメリカンドリームをつかめ!

投資

どうも、タケルです。

みなさんはディスカバリーチャンネルで放送されている「【正体を隠して稼げ1億円】起業チャレンジ!覆面ビリオネア」という番組を見たことはありますか?

この番組ではアメリカで成功した起業家に100ドルと車だけで全く知らない街に行ってもらい、3ヵ月で100万ドル相当の企業を作ってもらうという企画です。

そして今回はこの番組に出演した企業家:グレン・スターンズという方について解説していきます。

グレン・スターンズの概要

グレン・スターンズは米国最大の住宅ローン業者の一つ「Stearns Lending LLC」の創業者です。

現在の年齢は60歳(2023年時点)で、6人の子供がいます。

自家用ジェットやヨット、世界中に別荘も保有しており、まさにアメリカンドリームを体現したような人です。

彼がアメリカで有名になったきっかけがディスカバリーチャンネルで放送された、「【正体を隠して稼げ1億円】起業チャレンジ!覆面ビリオネア」という番組です。

この番組でアメリカンドリームは今でも実現可能ということを証明するために、元でなしから自分の能力だけで起業しました。

国内外で反響になり(もちろん日本でも)、グレン・スターンズは世界中で一躍有名人になりました。

グレン・スターンズの経歴

次にグレン・スターンズがどのようにして巨万の富を築くことに成功したのかを子供時代も含めて解説していきます。

グレン・スターンズの若き頃

グレン・スターンズの子供時代は決して順風満帆なものではありませんでした。

彼は1963年にアメリカのメリーランド州で生まれました。父親は印刷業者で母は食料品店で働きながら、ハウスクリーナーをしていました。

家庭は決して裕福ではなく、ワシントンDC郊外の低所得者向けの集合住宅に住んでいました。さらに両親はアルコール依存所もあいまって、家庭環境は最悪でした。

さらにグレン自身も学習障害があり、4年生で落第をしてしまいます。そして14歳で子供ができてしまうという日本では到底考えられないような波乱な子供時代を過ごしていました。

グレン・スターンズの起業

波乱な子供時代を過ごしていたグレンでしたが、心の中では何かをなしとげたいという野心がありました。

そこで一念発起で西海岸に向かいました。そこで貸付業が今後儲かると睨んだグレンは25歳の時に起業しました。

その後、寝る間も惜しんで働き続けました。そして気がつけばグレンの会社はアメリカ5番目の住宅ローンの貸付会社になっていたのです。

2019年には約5億ドルの資産を保有していると言われており、名実ともに億万長者になったのです。

覆面ビリオネアでのアメリカンドリームへの挑戦

グレンは億万長者になった後でもその野心は衰えませんでした。

そこでディスカバリーチャンネルの覆面ビリオネアという企画に参加することで、自分の年でもアメリカンドリームをつかむことができると証明しようとします。

この番組では100ドルと誰の連絡先の入っていないスマホ、そして車の3つだけで知らない街で100万ドル規模の企業を作り上げるという企画になっています。

グレンはペンシルバニア州にあるエリーという街で企画をチャレンジしました。最初は寝泊りする場所もなく車中泊で寒さをしのいでいました。

そんな絶望的な状況でも、自分の経験だけを頼りに常人では考えられないような手腕を発揮し、どんどんお金を稼いでいきました。

はたしてグレンは無事100万ドル規模の企業を作ることができるのでしょうか。

覆面ビリオネアの視聴方法

ディスカバリーチャンネルで放送された覆面ビリオネアですが、もちろん無料で視聴することができます。

ディスカバリーチャンネルの公式YouTubeチャンネルで全話無料で視聴できます。さらに短くまとめられたダイジェスト版もあり、時間がない人でも気軽に触れることができます。

ディスカバリーチャンネル公式チャンネルでは覆面ビリオネア以外にもゴールドラッシュやサバイバル系の番組など、面白いものがたくさんあります。

興味のあるかたは是非。見てみて下さい。

まとめ

今回はグレン・スターンズについてまとめていきました。

番組を見れば、彼がなぜ成功できたかがすぐに理解できます。それくらい魅力的な人物です。

もし起業してみたいという方がいるなら、絶対に見ることをおすすめします。モチベーションはもちろん、節々で成功の核心的な発言もされており、とても勉強になります。

今後も投資とは一見関係のないような記事を書いていきますが、投資になにか応用できそうなことは書いていくので是非一読してみてください。

それでは今回の記事はこの辺で。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました